HOME>ホットトピックス>デザインの魅力を住宅にしっかり反映させよう

違和感のなさ

一軒家

デザイン住宅を千葉で建築するならば、近隣からのクレームやトラブルにならない過度なデザインは避けましょう。もちろん、個性的な住まいをリクエストするのは家主として当然のことですが、集合(密集)住宅地であれば、調和も必要になります。奇抜なカラーの外壁塗装、塗り替えを検討するように催促されることもなきにしもあらず、周りの建物の状態もチェックしてから取りかかりましょう。

デザインのギャップ

間取り図

オーダーによるデザイン住宅でも、同じ材料、建具、設備機器が揃わないことが起こりうるのです。リクエストしたいからという理由で、千葉の不動産業者に写真や雑誌の切り抜きを見せても、全く同じデザインには仕上がらないことを理解しましょう。

価格差に注意しよう

雑誌に掲載されている価格で、千葉でも同じ価格のデザイン住宅が作れるのかと言えば、難しさもあります。土地価格(評価)も違い、また、デザイナーの実績によってはデザイナー料に費用がかかる場合もなきにしもあらず、だからこそ、イメージ図とした解釈が必要です。

建てる所を意識しよう

千葉にて、デザイン住宅を建築するという計画段階であるなら、例えば、北欧や欧米の輸入住宅をイメージするにしても、文化の違いを把握しているでしょうか。海外では、靴を脱ぐ習慣がなく土足のままでの生活ですし、トイレについても文化差が激しいと言えます。天井の高さなどもわりに高く、バスタブなしのシャワー室だけなどの違いもあります。デザイン住宅とは言っても評価も様々、デザインコンセプトの設計を誰に依頼するのかによって、作り込まれるものが変化します。自分の思い描くリスティングのコンセプトだけはしっかり、意思表示しましょう。

広告募集中